MacBookAirにWindows10を入れました

現在使用中のMacBookAir(2017)ですが、一応バッテリーはまだ6時間程度持ちそうです。これなら屋外でもそこそこ使用できそうです。

普段は紙ログで困らないのですが、コンテストとなるといろいろチェックしながらログを付けなければなりません。コンテスト用のロギングソフトを使うのが正しいでしょう。というわけで、個人的に使い慣れているCTESTWINを使いたいので、今更ですが、MacBookAirにWindows10をインストールしてみました。

Boot Campの使いかたはググれば出てくるので省略。シリアルは、家に転がっていたWindows8のものを入れて対応しました。

MacOS側のパーティションはなぜかWindows側からは見えませんが、まあデータのやり取りをする場面は少なそうなので、その時はUSBメモリでもいいし、MacOS側からWindowsのパーティションは見えるので、そっちから引っこ抜けばいいかなと。

あとWindows側でBoot Campコントロールパネルが開けないのですが、回避方法があったのでそれで対応しました。

CTESTWINもインストール。とりあえずPCキーイングとかは抜きにして、ロギングだけできるようにしておきました。

これでALL JAとQRPスプリントに出られます。ALL JAは24(日)の午前中くらい部分参戦でC50Pをやろうと思います。QRPスプリントは12時からP50に出ようと思います。

 

カテゴリー: アマチュア無線と電子工作, ブログ パーマリンク

MacBookAirにWindows10を入れました への1件のフィードバック

  1. JR4QKP/P のコメント:

    Air に Win10?
    と思ったら 2017モデルでしたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。