50MHz SSB機の製作(2)

というわけで、受信部はAGC周りの解決が必要なのですが、いい手を思いつかないので、いったんこれで保留にしておきます。

んでもって、送信部(変調部)を組んでみました。

マイクアンプはNJM2783Vです。

データシートの応用回路をほぼそのまんま組みました。ケミコンだらけです。

確かにリミットがかかる感じがあります。入力が100mVとか、大きい場合は出力がクリップしてしまいます。コンデンサマイクユニットなら10mV程度ですので、ちょうどよいかと思います。

変調部はNJM2594Vとし、無調整の回路にしました。

DSB波形がキタナイのが気になりますね、1KHz正弦波を入れたところなんですが。なんか、測定時にハムノイズを拾っちゃっているようです。

とりあえず適当に組んだクリスタルフィルタを通して、SSBになることを確認しました。音を聞く限りではいい感じですが、我が家ではキャリヤサプレッションなどが測定できません。スペアナ欲しいなあ…。

これに2SK302で1段増幅して0.5mWというところです。2SK302は2SK241の表面実装版なので、そのまま置き換えができます(そのせいか、秋月では購入制限が掛かっているようです)。チップは小さいですが、3SK294よりは大きいです。

MIX段はNE612(SA612)にするとして、先にファイナルをどうするか決めたいなと思ったので、秋月で取り扱いが始まった2SK3074を試食しました。

データシートでは14.9dB(@520MHz)、20mW入力で630mW出るとのことですので、ちょうどいい感じになるかと。

回路図はぐぐる先生に聞いて、テキトーにアレンジしてみました(なのでまだ載せません)。

ガラエポの生基板に、表面をPカッターでミゾを掘って、1cm四方のマス目を作りました。この方法はお手軽なのですが、きちんとミゾを掘らないと、隣とショートしているとか、そういう不具合が起きやすいです(笑)。

ID=50mA前後に設定し、20mW入力でおおよそ500mW@50MHzが出ました。コイルを見直したりしてマッチングを取れば、もうちょっと出そうですね。まあパワー計がFCZのQRPパワー計なので、読みはおおよその値になってしまっていますが。

だんだん見えてきたところで、次はひとまとめにしてみたいと思います。あとはコントローラ部分のソフトウェアですね。

 

カテゴリー: アマチュア無線と電子工作 パーマリンク